楽しく過ごしたい!快適に過ごしたい!そんな暮らしに対する欲求はつきません。
食や旅以外のブログも書いてまするんるん

かわいいインテリアに関するブログはこちらから。インテリアをつれづれなるままに
かわいい素敵でプレゼントなどにできそうな
 インテリア雑貨を集めたブログはこちらから。インテリア雑貨のセレクトならお任せ♪ 

2011年01月03日

中欧の旅2010 2日目 〜世界遺産の眺めを堪能〜

と〜んとご無沙汰しておりました・・・(汗)
中欧の旅2010の続き。
(前回の旅日記はこちらから。旅の日程はこちらを。)

2010.9.25(土)

聖イシュトヴァーン大聖堂→くつ(徒歩)くさり橋

川へ向かって歩いていくと、街のシンボルくさり橋に到着グッド(上向き矢印)
この橋はブダ地区とペスト地区を結ぶ橋。
第二次世界大戦で破壊されたのですが、その後1949年に復元されたそうです。
ブダペストくさり橋
・・・・・続きを読む
posted by reiko at 00:03| Comment(8) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

中欧の旅2010 2日目〜ハンガリー建国の父〜

中欧の旅2010の続き。
前回の旅日記はこちらから。

2010.9.25(土)
朝7時ちょっとすぎ、ホテルの朝食(ブッフェスタイル)をしっかり食べて、
いざ、ブダペスト1日観光のスタートexclamation

地下鉄(地下鉄)ホテル→聖イシュトヴァーン大聖堂

ブダペスト 聖イシュトバーン大聖堂03.JPG

地下鉄の乗り場マークは出ていなかったけれど、
ホテルを出るとすぐ地下への階段があったので降りてみると、
地下鉄乗り場発見手(チョキ)
・・・・・続きを読む
posted by reiko at 00:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

中欧の旅2010 1日目

2010.9.24(金)
成田で父母と合流し、AM11:00フィンランド航空で出発!
色合いのかわいい機内。センスよし。
飛行機内では見逃していた映画SEX AND THE CITY2を鑑賞。

まずはヘルシンキでのTransfer
シェンゲン協定域内の航空便だそうで、
ヘルシンキでパスポートチェックを受ける。(ブダペストではナシ)
フィンランド航空.JPG

で無事通過し、空港内を歩くと、
・・・・・続きを読む
posted by reiko at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

中欧の旅2010 〜日程〜

今年も行ってきました海外旅行!
2010.9.24〜2010.10.1までの6泊8日
ブダペスト・ウィーン・プラハの中欧の旅でするんるん

去年のイタリア・ローマの旅ブログが書けていないにもかかわらず、
今年の旅ブログを書いてしまうという私・・・don't mindですあせあせ(飛び散る汗)
(ちょっとの暇を上手に見つけて、今年は頑張って書いてみようと思います。
イタリア旅行もそのうちに書き上げるつもり・・・遅いけど記録としてね。)


旅の計画時には、エジプトやギリシャなどもあがったものの、
旅費とテロの恐怖と日程との兼ね合いから、
世界遺産の街並みのあるこの中欧に決定。
w_palace01.jpg
・・・・・続きを読む
posted by reiko at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

イタリア旅行 3/8日目

(だんな執筆です)

10/21 3日目 ローマ

サン・ピエトロ大聖堂のクーポラに登りたかったので相当早起き。

- 最高裁判所
- サン・ピエトロ大聖堂
教皇がお出ましのイベント?のため、クーポラには登れず。
世界中のカトリック教徒が教皇を一目見ようと集まってくる。
信者でない我々は何となくお邪魔な感じ。
ただ、大聖堂は大迫力で、聖なる何かを感じた気がする。
天使と悪魔ではここからカメルレンゴがヘリで上空からスカイダイビングしたんだなぁ。

- ヴァティカン博物館
9時から予約してたので長蛇の列を横目にスムーズに入場。
正直絵画はよく判らないのだが、あの時代の栄華な感じ、世の中のことがいかにキリスト教とともにあったのかを感じられた。
ラファエロの絵が、色遣いが良く好きだった。

- システィーナ礼拝堂
ここはもう、凄すぎる。
ここを見ることなく死ぬなかれ、って感じ。
天井を見上げ過ぎて目眩がした。

- サンタンジェロ城
天使と悪魔で、ハサシンがさらった次期教皇候補4人を幽閉していたところ。
屋上(天守閣とは言わないか)に登ると美しいローマの町並みが一望できる。
本当に美しい街だ。

- サンタンジェロ橋
- ナヴォーナ広場のピッツェリア
昨日パスしたがどうしてもあの雰囲気で食事したく、再び。
日本後の呼び込みに気をよくして着席。
またもやカルボナーラとアマトリチャーナをセレクト。
赤ワインとともにあっという間に間食。
機能の店より美味しい、雰囲気よしで言うこと無し。

- サンタマリア・イン・コスメディン教会(真実の口)
ここも定番中の定番。
ちょっと離れたところにあるのでタクシー利用。
着いたところはしょぼい感じの教会。
そこに、ローマの休日で見た口が。
たくさん人が並んでいたので、噛まれたフリはサブイのでやらず、素直に記念写真。

- コロッセオ
ローマでは流しのタクシーはほぼ捕まらないので、次の目的地までひたすら歩く。
脚が悲鳴をあげそうだが必死に歩き、20分くらいでコロッセオへ。
はたから見ればただのボロい競技場だが、これが2000年くらい前にできた5〜6万人収容の建造物、しかも現在もほぼ形が残ってるというのがすごく価値がある。
中に入るとさすがの迫力。
しかしここでやってたのが奴隷をライオンの餌にしてたっていうのだから古代ローマ人は何考えてたんだか。

- フォロ・ロマーノ
歩き疲れてフラフラだったがここが最も古代ローマを感じられるだろうと思い頑張って入場。
しかしあまり歩き回らず遠めで建造物を見て終了。
それよりもトイレに駆け込んだが便器に便座がなくどうやって用を足せば良いのか判らなかった。

- ホテルから徒歩10分くらいのリストランテ
ガイドブックには載っていなかったがオシャレな感じの外観に、きっと美味しいだろうと入店。
白ワインを頼んだつもりがサングリアが来るというハプニング(メニューの意味が判らなかったこちらのミス)あるも、食事はなかなか。
スパゲッティとピザ以外のものを初めて食べた。
モッツァレラチーズのサラダ、スペアリブみたいな肉、等。
ここでも生ビール1、赤ワイン1。
posted by reiko at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

イタリア旅行 2/8日目

(だんな執筆です)

10/20 2日目 ローマ

天気は快晴。
朝食はホテルのバイキング。
隣接するホテルのレストランで2ホテル合同の朝食。
日本人の年配のツアー客みたいのがいて、「お早うございます」の大合唱。

- サンタマリア・マッジョーレ大聖堂
- サンタマリア・デル・ポポロ広場
metroでの移動は以前パリのmetroで義父が財布をすられたことがあるので慎重すぎるくらいに慎重に。
降りた駅からすぐのところに、サンタマリア・デル・ポポロ広場そして同教会。
天使と悪魔で、死んだ前法王の墓が安置されていたキージ礼拝堂があるところ。

- ピンチョの丘
広場から高台に上がったところにある広場。
朝8時くらいで快晴ということで、抜群の景色。
人も少なく穴場スポット?

- スペイン広場
ローマの休日で見ていた印象よりもだいぶ小さい感じ。
ただやはり雰囲気はあり。
近くの屋台で焼栗を買い食い。

- カフェ・グレコ
クローチェ通りにオシャレなカフェ カフェ・グレコを発見。
ローマで初の本場のエスプレッソを頂く。
香り高く美味しい。
トイレには皿が置いてあり、皆1ユーロのコインを置いていく。
そしてそれを見ていてコインを入れた人にグラッツェと言うだけの従業員しかも若者が。

- クローチェ通り
- コンドッティ通り
- チャンピーニ(ジェラート)
タピオカのジェラートをチョイス。濃厚で旨し。

- ナヴォーナ広場
天使と悪魔で次期教皇の候補者の4人目が沈められた池、多くのリストランテ、大変心地良い場所。
食事したかったが朝食をたらふく食べてしまったためここではおあずけ。

- パンテオン
ここがローマで最も圧倒された場所。
こんなにすごい建造物が1000年以上前に建てられたとは。

- モンテチトーリオ宮(下院)
- コロンナ広場
- マルクス・アウレリウスの記念柱
- ASローマ オフィシャルショップ
ローマの記念に良いかなと思ったが、ロマニスタではないので断念。

- トレヴィの泉
定番中の定番。
勿論コイン投げた。
考えてみれば、Reiko(妻)は10数年前にここでコインを投げ、今回また来られた訳なので、効き目があったということか。

- バルベリーニ広場のリストランテ
店名は失念。午後3時。歩き疲れた(最初に地下鉄乗った以外は全て歩き)ので、実際以上に美味しく感じた気がする。
ローマ発祥のカルボナーラは日本の普通のスパゲッティ屋よりも牛乳や生クリームが少ないのか、ややごわごわ感があるも濃厚で旨し。
アマトリチャーナ最高。
生ビール1、赤ワイン1。

- サンタマリア・デッラ・ヴィットリア教会
天使と悪魔で教皇の候補の一人が燃やされるところ。
ガイドブックでの扱いは控えめだったがここの壁画や天井画が一番凄かった気がする(でも天井画はやはりシスティーナ礼拝堂だが)

- サンタマリア・デッリ・アンジェロ教会
- オペラ座

あまりにも歩き疲れたためホテルに戻って夕食取らず就寝。
posted by reiko at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

イタリア旅行 1/8日目

(だんな執筆です)

成田からブリティッシュ・エアウェイズでロンドン経由でローマへ。

毎回、海外旅行に行くと現地の食べ物しか食べ物しか食べないと決めているワタクシ、出発前に和食としばしのお別れと言うことで、ひつまぶしを頂く。

ロンドンまでのフライトは約12時間。
見た映画は、

・サブウェイ123(吹替なので快適)
・天使と悪魔(原作を読んでいたものの字幕無しで良く解らず。しかしローマの良い予習に)
・ローマの休日(ローマと言えばコレ。でもこれも字幕無しでキツイ)

ワイン飲み過ぎてワインこぼして隣の人の荷物をワインまみれにして弁償させられてる日本人乗客とかがいて、いまいち落ち着けないフライトだった。

ロンドンのヒースロー空港に着いて、トランジットはセキュリティが厳しくてウンザリ。洗顔ウォッシュがtoo bigの一言で捨てられた。航空会社の職員は丁寧な人が多いが、空港職員はやな感じの人多い気が。

スターバックスでコーヒー。うまくない。

ローマまでは3時間。着いたらもう夜。
空港からはタクシーでローマ市内のホテルまで直行。
アトランティコというホテルに宿泊。クラシックな感じでなかなかの雰囲気。場所はテルミニ駅という東京駅みたいなターミナルステーションのすぐ近くでとても便利。

着いたらバールにでも、と思ってたが、長旅で疲れてたため、残念ながらどこにも行かず就寝。
posted by reiko at 02:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

4泊6日 バリ島の旅 〜スパとレギャンでのんびり〜

バリ島の旅、のつづき。
前回の旅ブログはこちら
http://eatravel.seesaa.net/article/97810010.html

2008.05.21(水)
前日までハードに動き回っていたので、のんびり起床。
10時くらいに朝食を頂く。
その後は、前日に予約したSpaへ。
車(RV)(車) ホテル → ガルゥ バリ スパ Galuh Bali Spa
バリ島 スパ02
・・・・・続きを読む
posted by reiko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

4泊6日 バリ島の旅 〜ウルワトゥ寺院とケチャファイヤーダンス〜

バリ島の旅、のつづき。
前回の旅ブログはこちら
http://eatravel.seesaa.net/article/97807559.html

2008.05.20(火)
車(RV)(車) ホテル → ウルワトゥ寺院 → ジンバランの屋台
ウブドからのタクシーチャーターによる観光を終了後、
すぐにHISのオプショナルツアーに。 1人 US59$。
バリ島 シーフード屋台02←シーフードのお店
・・・・・続きを読む
posted by reiko at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

4泊6日 バリ島の旅 〜ウブド近郊のお寺めぐり〜

バリ島の旅、のつづき。
前回の旅ブログはこちら
http://eatravel.seesaa.net/article/97804907.html

2008.05.20(火)
レギャンに泊まる我々が、効率よく見たいところをまわるには、
タクシーチャーター車(セダン)が良さそう!!!
ということで、日本にて調べておいた、チャーターできるお店へ
19日の時点でホテルから予約しておきました☆
バリ島 ティルタエンプル01
・・・・・続きを読む
posted by reiko at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。