楽しく過ごしたい!快適に過ごしたい!そんな暮らしに対する欲求はつきません。
食や旅以外のブログも書いてまするんるん

かわいいインテリアに関するブログはこちらから。インテリアをつれづれなるままに
かわいい素敵でプレゼントなどにできそうな
 インテリア雑貨を集めたブログはこちらから。インテリア雑貨のセレクトならお任せ♪ 

2008年12月31日

雲洞庵 新潟

毎年年末にスノボに訪れる湯沢。今年は、28・29日で行ってきました!!!
が、快晴の29日になっても滑る気分になれず、
ドライブをして来ましたぴかぴか(新しい)
ダムを見に行ったのですが、冬のためダムは見れず、
道の途中で見つけたのが、
雲洞庵
新潟 雲洞庵 大河ドラマ旗
この雲洞庵のある南魚沼市は、どうやら
来年2009年のNHK大河ドラマでやる「天地人」の主人公
直江兼続の生誕の地だそう。
のぼりがあちこちにありました。

さすがに冬で、快晴のためこのような観光をしている人は少なく、
(普通ならスノボやスキーをする人がほとんどだから・・・)
雲洞庵の駐車場の車は2,3台のみ。

入っていくと、スッと伸びる杉の木々。
ただでさえ寒いのに、木々に囲まれたこの場所は、さらに寒い。
そして積もる雪に気をつけながら進むと、赤門が見えてきます。
新潟 雲洞庵02

ここには、「雲洞庵の土踏んだか」の文字があり。
赤門からの参道には、
法華経が一字一石ずつ刻まれ埋められているので、
これを踏みしめながらお参りすると、ご利益があるそう。
足元に気をつけながら、
杉の木々の間からもれる光りを感じながら、
参道を歩き、本堂へ。
新潟 雲洞庵03

正面からは閉まっていて見ることができませんでしたが、
横から本堂、座禅堂、客殿の中へ入ってきました。
新潟 雲洞庵04
立派な本堂にも感動しましたが、
一番気に入り長居したのは、客殿
新潟 雲洞庵07
高台にあり、杉の眺めがとっても素敵。
そしてこの客殿の作りも質素ながらも、濡れ縁の感じも好き。
本殿から座禅堂、観音堂とつめたい廊下を歩いて、
足が冷え冷え状態だったこともあり、畳の間の客殿で、
太陽光を感じながら休めたのは、とっても嬉しかったわーい(嬉しい顔)
やっぱり畳っていい!!

あ〜湯沢に毎年来ているけど、
こんなところあるとは知らなかったのです・・・
きっと大河ドラマが始まったら、観光に来る人が多いことでしょう。
今度夏にも来て、
あの客殿でのんびり眺めてみたいと思いました。
posted by reiko at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111971135

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。